こんにちは。高山京子です。
手術。
ご無沙汰してます。

暑い夏です。
でも夕方や夜は涼しかったりもするし、
かと思えばすごい雨が降ったりするし、
9月の台風襲来前後のような空だったりもするし、
ほんと、地球も忙しそうです。。

私はと言えば、
先日、歯の根っこの手術を受けました。

久しぶりのブログのタイトルが「手術」ですみませんm(_ _)m

歯の根っこに、なんらかの経緯で菌が入り、
膿のふくろができてたんです。
歯根嚢胞(しこんのうほう)と言うそうです。
その膿の袋がある場所に、本来あるべき骨がなくなってしまい、
骨がなくなるから歯を支えられなくなってしまい、
歯根嚢胞が進むと抜けてしまうというものらしいです。
かかりつけ医で、薬を入れて消毒したりして経緯を見ていたのですが、
あまり変化がなかったので、除去することにしまして。
大きな病院で手術です。

手術の日時は、受診から一ヶ月以上経っていて、
その間にかかりつけ医で消毒など前処置をしていただいていましたが、
手術前に飲む薬がなんだったかを忘れてしまって
(だって一ヶ月以上前に処方してもらったんだもん……)
当日電話して伺ったりしてました……(^_^;

手術は約一時間弱くらいだったかなぁ……
前の方の手術がおしてたので、はじまりもちょっと遅くて。

しっかり麻酔してくださったので、痛みはなく。
なんだったかな、先生も面白いことをおっしゃってこちらの気をほぐそうとしてくださったり、
手術は初めてでしたが、快適でした。

手術中にいろいろ考えました。

私は根に持つタイプだから、
歯の根っこにも膿持っちゃったのかなぁ……(T-T)
___とか。

昔の武士は切腹とかしちゃったけど、
とんでもなく痛かったんだろうな……
___とか。

お医者さんってすごいなー
今目の前で人の骨も肉も見えてるのに、こんなに冷静だ。ぶれない。
いや、ぶれたら困るけどね……
___とか。

切ってみないとわからないってことは、
いま、目の前で起きてることに全力で対処するってことだよな。
目の前のことに、自分が持ってる全てを駆使して……すごいよなー
___とか。


……そんなことを考えてました。

お医者さん、改めて尊敬。



手術後に、手術中に撮った写真(多分記録用に使うのでしょう)をみせてくださいました。
……うん、私の骨、なかったです。
骨はまた少しずつ出来るそうです。

止血中、ヒマで、
『足首回したら、血が足の方に行って早く止まるかしら』と思って、
足首をぐるぐる回していたら
「あんまりカラダを動かすと、血の巡りが良くなって止まらないよ」
と言われました。
……足首もダメですか!!?(笑)


ともかく、手術は無事に終了しました。

応援してくれたり、
気にかけてくれたりした皆様、
ありがとうございました。


皆様のお祈りのおかげで、
翌日消毒に行った時も
「もっと腫れると思った」
「これくらいなら優等生」
と褒められました☆
「このままおとなしくしててね~」
と言われたので、
ほんとうにおとなしくしています……



今度は大切にするぞ、自分のカラダ。



というわけで、自宅療養中です。

手術の次の日@おひさまサンサン
みよ、この腫れっぷり。

そういえば従姉妹のこどもに昔言われたっけ……
手術の次の次の……@おひさまサンサン
「おねえちゃんは……りすさーん」
はい、りすでーす。

こんな感じに元気は元気です。
現在も痛みはなく、腫れが残ってるだけ、って感じです。
あと、唇の内側が紫色(笑)、内出血中です。



そうそう。
金曜日に、S&S Kidsこどもミュージカル演劇教室のレッスンがありました。
講師のまさよさんが
「きょうこ先生は手術しました」
と伝えたら、
生徒さんの一人が、こう言ったそうです。

「整形手術?!」

……ちっがあぁぁぁーーーう!!!(笑)

でも、この腫れ具合、このほおぶくろ、
確かにそう思われても仕方ないと思える節もあり。

いや、しかし、実におもしろい。
S&S Kidsこどもミュージカル演劇教室の生徒さん達は、
本当におもしろい。
先日も、ちょっとしたケンカが起きていた時に
「小学生になったんだから、思ってることを言えないのはおかしい」
的な発言があり、
私、成人しているのに言えないことがあるなぁ、と反省しました。



今日7/27(土)は、仙台フォーラスにて、
柴田節子さんのライブがありました。

私は自宅待機でしたが、
S&S Kidsこどもミュージカル演劇教室渋谷校の
佐山なお先生と、佐藤まさよ先生は現場に行っていました。
いいなぁ……
私は思いをはせながら、CD「INORI」を聞いていましたとさ。
Posted by たかやまきょうこ
comment:0   trackback:0
[ブログ
【防人の歌】当日の模様その2
2013年5月5日(日)に上演されました、
アルノの会Vol.17~新座市睡足軒の森 春の文化の祭典~
<『声に出して楽しむ平家物語』~鶏合檀浦合戦~>
<朗読構成劇 万葉集より『防人の歌』>

の模様、その2をお届けいたします!!!

もう二ヶ月経つのですね。
……自分の怠惰さがよくわかるこの更新具合です。反省。

≪当日の模様その1はコチラをご覧下さいませ≫



こざと散歩に出ました。

緑。@おひさまサンサン
気持ちの良い緑色。

睡足軒。@おひさまサンサン
なんか、ジブリの映画に出てきそうなお家。
『西の魔女が死んだ』のお家もこんな感じかなぁ~と浮かんできます。
(あ、私、小説しか読んでいません)

二本の木@おひさまサンサン
二本の木……
いわれが書いた札がかかっているのですが、アップで撮るのを忘れて、思い出せません(涙)
お互いがお互いを支えながら生えてるような、確かそんな感じだったような……

ミヤコワスレ@おひさまサンサン
お花も咲いてました。
すれ違った係の方が、どういう花なのか、とか、
どちらの方に進むとどういう花がある、とか、説明してくれました。


そして、この後です。
私、
あろうことに、
踏みつけてしまったのです。

カタツムリ。

パキって。

本番前なのに……
本番前なのに……
本番前なのに……!!

いや、カタツムリにとっては
いたって普通の日常だったんじゃないか?
そんな日常をお過ごしのカタツムリさんを……

もう自己嫌悪の嵐ですよ。
でも、凹んでる場合じゃない、本番だ。

カタツムリさんは近くの地面に移動して、葉っぱをかけて。

なんとか気持ちを取り持たせて。

……という本番だったのでした。。

昔、
母が勤めていた会社の運動会に行く道で、
親子バッタを踏んだなぁ……
あの時を思い出しました。

本当、ごめんなさい。
もうしません。
いや、するつもりはなかったんです。
もっと気をつけます。

カタツムリさんも、親子のおんぶバッタサンも忘れません。
ごめんなさい。



そして本番。

多くのお客様にご来場頂きました。
本当にありがとうございました。

用意してあった分では椅子が足らず、
係の方は補充の椅子を取りに動き回ってくださいました。

お客様と一緒に声に出して平家物語を楽しむというプログラム。
一緒によむという、参加型ですよ、
ちょっとしたワークショップじゃないかと思うくらい、お得!!!
こういう時間を飾ることなくつくれるアルノさん、素晴らしいなぁ、と思います。
そして、
昔の日本語は今も生きていて、
現代人の口から発せられるというのがなんだか嬉しい。

今回、アルノさんをはじめ、
山岡希美子さん、小山みかさん、といった、声優さんとご一緒させて頂き、
声の奥深さに触れることができました。

そういうことに少しでも携われることが嬉しく、
また勉強を重ねていきたいと思います。

ありがとうございました。


こざと@おひさまサンサン
最後にこざとパシャリ。

あれから二ヶ月。
着物、着方覚えているかが不安になってきてます。。せっかく教わったのに……orz
Posted by たかやまきょうこ
comment:0   trackback:0
[20130505朗読『防人の歌』
| HOME |