こんにちは。高山京子です。
【舞台】ミュージカル『天国の本屋』
『天国の本屋』チラシ@おひさまサンサン
今日は、

まりも企画 第1回公演
ミュージカル『天国の本屋』

を観てきました。

『天国の本屋』、10年くらい前に読みました。
今調べてみたら、原作本は2000年に刊行されたようです。

芝居仲間のたっぷさんこと、平井さんが出演していました。
役者であり、カメラマンであり、グラフィックデザイナーでもある平井さん。
このチラシもたっぷさんの作です。
素敵です。
いただいた時に惹かれました。
こういうチラシを作れる才能も持ち合わせているのがまたすごい。


会場であるザムザ阿佐ヶ谷は、
専門学校を卒業した年に、高校時代の仲間達と芝居をした場所。
懐かしかったです。

小屋(あ、劇場、会場のことです)も、作品に非常にマッチしていたと思います。
本屋が舞台となるこの作品。
本屋の、この作品のあたたかさが、小屋であるザムザの木や土壁により、より一層感じられるような。
舞台のセットも、本がたくさんあって、数冊見える表紙が、懐かしい本で、あたたかかったです。
小屋も活かされた作品だったと思います。
小屋が活かされるって、私、好きです。


作品は、原作の世界観が感じられて嬉しかったです。
原作を読んだことがある時って、そういうものが感じられるだけで嬉しくなります。


たっぷさんのね、ヘアースタイルが非常に似合っていました。可愛かった(笑)


原作をまた読んでみたくなりました。

今日が千秋楽でしたので、
気になった方は、原作『天国の本屋』、読んでみてください。
舞台を観ることは再演があるまでかなわないかと思いますが、お話は原作で楽しめます。
続編もあるけど、私は、原作読後に、続編ではなく『ナルニア国ものがたり』にいったので(笑)まだ読んでないのです。これを機に今年中に読むぞ。

あ、『ナルニア国ものがたり』もオススメです☆(笑)
これもまた読みたくなっちゃった……長いから、つまんで読もうかな(おい)



たっぷさん、そして共演者の皆様、関係者の皆様、素敵な時間をありがとうございました☆



余談ですが、
私の思い出の本は『ロボット・カミィ』です。


さらに余談ですが、
私は覚えていないのですが、
小さい頃に、母が読んでくれていた本を、
「よんであげるー」と、逆さまにして読んでいたそうですよ。(暗記していたらしい)
なんの本だったのかなぁ……気になる。

そうやって本を読んでくれたり、読んだりした幼い頃の経験があるから、
朗読ということに抵抗がないのかもしれないなぁ、とぼんやり思いました。
黙読も、朗読も好きです。
(……読むのは遅いけどね。)
小さい頃のなにげない日常も、
ちいさな経験になっていくものなのかもしれないなぁ、とふと思いました。
Posted by たかやまきょうこ
comment:0   trackback:0
[映画、舞台、Live鑑賞
comment
comment posting














 

trackback URL
http://sun365.blog65.fc2.com/tb.php/261-b8c7663f
trackback