こんにちは。高山京子です。
3.11いのり
ご報告が遅くなりましたが、
3/10(日)の
亀戸フェスティバル『いわて 三陸 釜石 大船渡チャリティーイベント』、
大盛況のうちに終了いたしました。

足を運んで頂いたみなさま、
応援して下さったみなさま、
支えてくださったみなさま、
ありがとうございました。

震災に関係する作品を取り扱うのはとても緊張します。
どう扱ったらいいのか、非常にデリケートだと思うのです。
ただ、ただ、そこに書いてある世界を、
言葉を使って表現する、ということにチャレンジすることができました。

3/10は東京大空襲があった日です。
いわて、三陸、釜石、大船渡ではありませんが、
折しもチャリティーイベントが行われたのは亀戸。
チャリティーコンサートをおこなった柴田節子氏のお話で、
この辺りも被害のあった土地ではないか、という言葉に、
思いをはせました。

遅ればせながら、調べてみた所、
3/10の大空襲、初弾が投下されたのは深川地区だそうです。
68年前のこと。
不思議な繋がりだな、と思いました。



2013/03/11。東日本大震災から2年。

今日は、吉祥寺で行われた、
師匠である柴田節子氏のチャリティーコンサートに行って参りました。

途中で、14:46を迎えました。
駅近くを歩いている時でした。

立ち止まる人はいなかったように思います。
私も、歩きながら祈りました。

スタバに寄って
テラス席に座って
街並みと、
止まることのない時間を感じ、
その一瞬一瞬に生きているんだな、と思い、
瞬間瞬間に感謝したくなりました。

ああ、こうやって感謝を忘れずにいられたら、と。

柴田節子氏のコンサートは大盛況でした。
後ろの方から鑑賞しました。
姿が見えない時もありました。
そんな時は、音楽に耳を傾けました。
目に見えるものにとらわれないで、
そこにあるものを感じてみよう、と。

吉祥寺アトレのはなびの広場という、人通りの多い場所であったので、
たくさんの人が耳を傾けてくださっていたように思います。
歩きながら拍手をされている方もいらっしゃいました。

素敵なコンサートでした。
素敵な時間をありがとうございました。



無念にもお亡くなりになった方、
ご冥福をお祈りいたします。
そして残された方、
震災を経て生きている人々の心が癒やされますように。
お祈りいたします。
Posted by たかやまきょうこ
comment:0   trackback:0
[ブログ
comment
comment posting














 

trackback URL
http://sun365.blog65.fc2.com/tb.php/290-1a0e3e9b
trackback