こんにちは。高山京子です。
【Live】Setsuko charity Live @ Omotesando Hills
表参道ヒルズへ行ってきました。

Setsukoさんの、チャリティーライブを拝見しに。

Setsukoさんのブログにあった、
とらやカフェで読書しようと思っていたのですが
ギリギリに着いたので、とらやカフェはまた今度。

ライブは2回行われました。
2回とも拝見しました。


1回目のステージは上手側から。
なので、キーボードの飯田さんが見えず(・_・、)
2回目のステージは下手側から。
今度はパーカッションの三浦さんが見えず"(/へ\*)"))ウゥ、ヒック

場所の違い、距離感の違いも楽しみました。

1回目と2回目とで
私自身も状態が同じではないので、
感じる部分が違って、
その変化もまたおもしろかったです。

本日配信された「蒼き森」も歌って下さいました。
今日のアコースティックな感じが好きです。
配信とは違うバージョンを聴くことが出来て、またしあわせでした。


Setsukoさんとバンドメンバーの方との和を感じました。
当たり前なんですけど、
ひとりだけのステージなわけではないじゃないですか。
ステージ上でコンタクトがとれていて、
交流を感じて、
音楽がうまれて
泉みたいにわき上がりあふれてくるような感じでした。

ひとりひとりがその作品をつくるために必要な自分の仕事をしている。
それぞれに与えられた役割。
音楽も、芝居も、スポーツもそうだろうなぁ。
家族も。
多分、この世界でも、小さくても自分はこの世界を形成するちいさな歯車のひとつで
、と考えると、
やはりひとりひとりの意識や変化は影響するに決まってるのだ、と思ったりする。

そのひとりひとりのチカラが重なって、織りなされて
ひとつの作品になるんだなぁ、と思い、
そう思うと、
今回のステージは本当にその和や融合がステキでした。



会場である大階段には、
吹き抜けを取り囲むようにいる観客と、
通りすがりで立ち止まって聴いている人と、
歩いて行く人と、
様々な人間がいました。
その中で、
その状態を受け入れて、
その場所で演奏をしているメンバーの皆様が美しかったです。

昔、
とあるレストランで、
ピアノを弾いたり歌ったりしていたことがあるのですが、
その当時の私は、
聴いてもらえなかったら……
という不安や寂しさ、悲しみや怒りなどなど、
余計な感情にのまれてしまっていたなぁ、と思い出して。
若さゆえに、一生懸命というところで乗り越えましたが(苦笑)
ものすごい不健全なステージだったな、と反省をしています。
当時の私なりにそれが精一杯ではあったのですが。

演奏をするという
自分の仕事に真摯に取り組む姿に感動しました。



素敵なステージをありがとうございました。


≪Setsukoさんのブログはコチラから≫
空間と音楽を楽しもうと思って、写真は撮らずにいたので、
コチラのブログに、報告写真があがるのではないかと思っています。
是非是非ご覧下さい♪



ステージの間に、
気になっていたカフェまで足をのばして、
美味しいコーヒーをいただいて、満喫しました。
Mi Cafeto ミカフェート。
ミカフェート@おひさまサンサン
ごちそうさまでした♡
Posted by たかやまきょうこ
comment:0   trackback:0
[映画、舞台、Live鑑賞
comment
comment posting














 

trackback URL
http://sun365.blog65.fc2.com/tb.php/327-9e8277a1
trackback